• Home
  • 2次元しか愛せなかったオタクの純愛

結構いる!2次元を理解してくれる女の子を彼女にしたい

自他共に自覚のあるオタクです。某アニメのキャラが大好きで、同人誌を作っています。もちろん、夏と冬のコミックマーケットには、必ず新刊をひっさげて参加しています。同じ趣味の男友だちはできますが、女の子と付き合うのは、最初からあきらめていました。
 「同人誌を作って、コミケに参加している」などと知られたら、「キモイオタク」のレッテルを貼られ、日常会話どころか、視線すら合わせてもらえないはずです。そのため、勤務先の会社などでは、ひた隠しにしていました。
 すると自分のことを、「一般人」として、好きになってくれる女性があらわれたのです。彼女は職場の同期で、これまでも親しくしていたのですが、たまたま一緒になった帰り道、喫茶店に誘われて、「ずっと好きだった」と告白されました。このときはびっくりするやら、どこか嬉しいような、切ないような、何とも言えない気持ちになってしまいました。後で考えてみると、単純な自分は、あのとき一生懸命になって、気持ちを告白してくれた彼女に惚れてしまっていたのだと思います。
 しかし、告白された直後は、何と返事をするべきがひどく迷いました。その女性と付き合いたいとは思ったのですが、親しく交際するようになれば、きっと自分の趣味を知られてしまうからです。自宅の部屋には二次元キャラのポスターが貼ってあるし、ベッドには抱き枕が置いてあります。他にもフィギュアなども飾られ、「一般人」の室内ではないからです。そんな有様を見られたら、きっと気持ち悪がられて去ってしまう。そう感じました。
 しかし、好感を持っているのに、こちらから告白を断ることはできません。その女性は仕事の面においても真摯であり、真面目な人です。そして思いやりのある人です。そんな彼女に嘘はつけないと思いました。自分は覚悟を決めて、同人誌を作っているという話しすることに決めました。
 ずっと黙って、話しを聞いてくれていましたが、最後に「同人誌作ってるの?漫画描けるんだ、スゴイ!」と目を輝かせて言うのです。「気持ち悪くないの?」と訊ねると、不思議そうな顔で「どうして?全然そんなことないよ。むしろすごいと思う」と笑っていました。
 もちろん、その後、お付き合いをさせてもらえるようになり、今ではコミケでの売り子まで手伝ってくれます。オタクを理解してくれる女性は思ったより多いのだと感じました。勇気を出して正直に話をして本当によかったと思います。

三次元にもたくさんいる!?元気で強気な女の子キャラ

アニメの女性キャラって言うと、あまり詳しくない人には何だか男性の理想像みたいな感じで、大人しくておしとやかな娘ばっかりだと思われることがありますけど、それって実際じゃない偏見なんですよ。オタク男子が好むアニメを見てるとわかるんですけど、もちろんそういったタイプのキャラもいますが、それ以外にも色々なタイプのキャラが登場していて、様々なニーズに対応できるようになってるんです。中でも特に王道的な人気を誇っているのが、メインヒロインに多い元気で強気な女の子キャラで、僕もそういうキャラのことは結構好きですよ。
恋愛のトラウマ持ちだったら、ズケズケと自分の気持ちを口にするような女の子よりも、大人しくて自分について来てくれそうな女の子の方が好きなんじゃないの、と思われるかも知れませんが、そうでもないんです。だって元気で強気な女の子の方が、心の中にあることをはっきりと口に出してくれるから、僕の知らないところで実は裏切ってる、なんて恐ろしいことが少なそうでしょう。あとオタク男子によくありがちなことで、異性に対して自分があまり積極的になれないタイプだから、リードしてくれそうな女の子に心を惹かれる部分もあるんでしょうね。
そんな感じの女の子って、三次元にもたくさんいるんでしょうか。そういう女の子にリアルで出会ったら、久しぶりにリアルの世界で女性を好きになってしまうような気はします。そこで記憶をたどってみると、僕が学生時代の同級生の女の子の中には、確かにそんな感じに近い娘もいた気がしますけど、それはまだ経験が少ない年だからであって、大人になったら変わっちゃってるかもしれませんね。少なくとも仕事場とかの僕が知ってる狭い範囲では、そういう女の子は見当たりません。
またテレビに出ている女性タレントの中には、いかにも私は元気ですよって感じの人もいますが、その人たちも頑張ってそういうキャラを演じてるだけで、カメラが止まったらズーンと落ち込んでる可能性もありますよね。でもまあ数は多くなくても、元気で強気な女の子もきっと、世の中にはある程度はいると思うことにしましょう。
ただそういう女の子に出会うことができたとしても、僕のようなオタク男子が攻略できるかは別の話ですよね。そういう女の子って、カッコいいスポーツマンタイプとか、強そうなヤンキータイプとかが好きそうなイメージが、僕の勝手な思い込みかも知れませんがあるんです。少なくとも僕のようなパッとしない男が攻略できそうな感じはしません。でもまずはそういう女の子に出会って、片思いでもいいから恋をするところから始めたいなとは思います。

好きな時に会える?恋人にしたい二次元キャラ

二次元キャラに恋をしている時点でもう終わりです。早く病院へ行くことをお勧めします。二次元は二次元です。どんなにあなたがそのキャラを愛でようと、そのキャラがあなたの方を振り向いてくれることはないです。あなたがどんなにキャラに入れ込んで、グッズ等に金を注ぎ込んでも時間の無駄です。そのお金で潤うのはそのキャラを作った作者やその周りの大人たちです。あなたが金を出せば出すほど、その薄汚いおっさん達が儲かるのです。キャラは可愛くてもそれを描いているのは汚いおっさんなのです。中には女性の方もおられるでしょうが、基本的には汚いおっさんです。それでもキャラが好きだというのなら、キャラクターの顔の部分に作者の顔を張り付けてみる事を提案します。現実が見えてくるに違いないです。あんな綺麗で可愛い存在は絵の中だけです。確かにキャラクターにはニキビもなければ鼻毛も出ていないと言い切れます。いや、たまにはいるかもしれないですが、そんな例外はさておき、実際にコスプレ等をしているレイヤーさんたちを見てみるとよく分かります。なんか不自然です。中にはドはまりしている方もしますが、やはり違います。それでも二次元キャラ的な物から離れなれないのなら、いっそのことレイヤーさんたちを狙ってみても良いのではないかと思います。多分向こうの方から恋人にしたくないと言われる可能性は高いと感じますが、それも一つの手です。いつまでも電源を入れたら会えるなどと、寝言を言ってないでここは一発行動に移してみるべきです。キャラは電源を抜けば消えますが、実在の人物は消えないです。少しでもキャラに近づくために声が可愛い人なんかも狙い目かもしれないです。近年声優さんの人気が高いのはそんなところにあるのではないかと思う所存です。しかし、声優は所詮声だけです。しかし、見た目や声だけで恋人にしたいなどというのは相手に取って失礼です。自分がいいなと感じる方に告白して交際するのが自然です。一旦異性と交際してみればリアルの女性もいい物だと理解できます。しかし、逆に三次元はクソだと感じてしまうともう終わりです。試合終了のサイレンが響き渡ります。そうなってしまった場合はとことん二次元に逃げ込めばいいです。二次元キャラは裏切らないし、いつまでも純潔です。バンバン好きなキャラのグッズを買って、キャラの描かれた抱き枕を抱きしめて腰を降り続けていればOKです。電源を消せば消えるのならば、付けたままにしておけば問題ないです。最早誰もあなたを止めはしないです。行きつくところまで行ってしまえば良いのです。

リアルは厳しい…オタク男が女子に拒絶されやすいワケ

そろそろ結婚を考えなければいけないかもしれないと、ふと考えるようになったタイミングがありました。いくら過去の裏切りで傷付いたからといって、いつまでも2次元の世界に引きこもっているわけにはいきません。さすがにそのまま人生が終わるのも辛いですから、彼女でも作ってゆくゆくは結婚をしようという目標を掲げたのです。
しかしながら現実は厳しいです。世間ではオタク男が拒絶されることは何となく知っていましたが、リアルに拒否の姿勢を見せ付けられてしまうと心にグサッと突き刺さります。ただ、脱オタクまでをしてしまうのは難しいところもあったのです。
そもそもなぜこれほどまでにオタク男は嫌がられてしまうのでしょう。そこには色々な理由があると思いますが、何となくこういったイメージを持たれて敬遠されているという部分も分かってきました。
どうやら不潔そうという印象を持っている人がいるようです。単に見掛けや部屋が汚いというイメージもさることながら、二次元の女性に対して変なことを妄想したりしている姿勢も不潔と思われています。確かにそういったイメージを持たれてしまうのも仕方ないです。自分も二次元にどっぷりはまっていた時には普通の人では考えられない接し方をしていました。今となっては自分でも気持ちが悪いと感じるところもありますので、オタクの世界とは無縁の人からすればさらに気持ちが悪いのでしょう。
そんなイメージを覆すには完全にオタク男でなくなることが手っ取り早いと思いますが、まだ完全に足を洗うことができていないのが辛いところです。傷付い自分を癒してくれた存在でもありますから、なかなか100%リアルに生きることができない部分もあります。ただ、オタク要素は結婚においてハンデになりますので、徐々に2次元とは手を切るようにしたいです。
コミュ障というイメージも拒絶される理由として挙げられます。この点に関しても理解できます。確かに中には人との会話が苦手なオタクもいますし、実際にそういった友達もいるのでよく分かります。人と話をする時にも目を合わせなかったり、自分の好きな話になると自分の世界に入って止まらなくなったりと、イメージされている通りの部分もあるのです。
でも全ての人がそうではありません。私自身も普通に社会人として生活していますから、コミュ障と思われてしまうのは心外です。でもオタクというとそういったイメージを持たれてしまいますから困りものです。
結婚をするにはオタク要素を打ち消してしまうのが簡単ですが、それができるのか心配でもあります。でも結婚に向けて真剣に自分を変えていきたいですから、彼女作りを目指しながら脱オタクもしたいです。

現実は甘くない…二次元にしか興味が持てないのは過去の恋愛にあった

二次元の女の子にしか興味が持てない男性のことを「オタク」などと揶揄されたりする事があります。私もそのような男性の1人なのですが、昔からそういう体質だった訳では無く、そうなったきっかけは過去の恋愛が関係しているのです。
大学生の頃、同じバイト先で凄く魅力的な女の子がいました。はっきり言うと一目惚れで、私はすぐに好きになりました。なんとかバイトのシフトを重なるようにして一緒に仕事をする度に私は出来る限り親切にしたので、その子も私の事を気に入ってくれるようになり、1ヶ月もしないうちに友達のような関係になりました。そしてお互いが休みの日は積極的にデートに誘い、何回か2人で出かけたのちに勇気を出して告白をしました。最近、戸惑っている様子でしたが私の気持ちが真剣である事を察して承諾してくれました。それからは毎日が楽しくて楽しくてバイトの時も休みの時もずっと一緒に過ごしていました。そんな私に対して彼女はいつも笑顔で付き合ってくれていました。ある時、彼女から「テレビ番組の観覧のチケットが当たったから一緒に見に行かないか?」と誘われたので、もちろん断る理由もなくついて行きました。今から考えるとこれが自分の人生の転機になるとは思いもしませんでした。番組収録は淡々と進み、普段テレビで見たことのある芸能人が目の前で楽しい会話をしていたのであっという間に時間が過ぎて行きました。
番組の終盤で、観覧客を交えたクイズのような企画があり、なんと彼女が対象者に選ばれたのです。彼女は恥ずかしそうにしながらステージの前に進んで人気俳優と一緒にクイズに答えていました。
そのまま収録が終わり、普通に駅で別れて帰ったのですが、その翌日から彼女の態度が明らかに冷たくなったのです。
連絡しても素っ気ない返事しか返して来ないし、出かける誘いをしても忙しいとの理由で断られるばかりでした。
そしてそんな状況が数カ月続いた後に彼女からいきなり別れたいと言われたのです。私は混乱しました。何も悪いことはしていないのにどうして別れないとならないのか何度も彼女を問いただすと、どうやら番組観覧の時に一緒にクイズをした俳優がこっそりと彼女に連絡先を渡していて、彼女はその後、頻繁に連絡をとって親しくなって行ったのでした。別れたい理由は、当然その俳優と付き合いたいからとの事でした。私は要するに陰で浮気をされていて、裏切られたのです。
その突然の別れに対して現実を受け入れられない日々が続きました。何をしていても全然楽しくなくぼーっとしている事が多くなったのです。そんな状況を見かねた友人が私をアニメフェスタに連れて行ってくれたのです。
人生初の経験でしたが目が醒めるように刺激的で楽しく、すっかり二次元にハマってしまったのです。まさに二次元が心の救いという状況でした。その後はリアルでは誰とも付き合っておらず特に付き合いたいとも思わなくなりました。

アニメの世界とはこんなにも違う!女性への接し方

リアルな女性と付き合ったことがないわけではありませんので、恋愛活動を始めた時にも何とかやっていけるだろうと思っていました。ところが長く2次元の世界にいたことで、2次元との違いにギャップを感じて戸惑うようになってしまったのです。
特に顕著に不便を感じたのが、セリフの選択肢がないことです。ゲームですといくつかの選択肢が用意されていますから、その中から選ぶだけで良いのですが、リアルの場合はそうではありませんので接し方に困ります。自分の考えや言葉で進行させていく必要があるため、上手く言葉が出てこない時には愕然とします。
そんな状態ですから女性と会話をする時にも不便があるわけですが、その際にふと思ったことがあります。それは2次元の世界で使ってきたセリフをリアルに活かしてみようということです。イケメンなセリフもありますから、もしかしたらそれが役に立つのではないかと思った次第です。
ところが2次元のセリフはリアルではなかなか使えません。臭過ぎるセリフもありますし、大してイケメンでもない自分が言ったらひんしゅくものでしょう。勘違いした男と思われて終わりですから、下手なセリフを吐くことはできないです。
とは言え自分で考えてセリフを決めるのはとても大変です。こんな時にはどういう言い方をすれば良いのだろう、どんなことを言えば女性は喜ぶのだろうなど、色々と考えるようになってしまってスムーズな会話をすることができません。
そんな状態ですから当たり障りのないことを話してしまうことが多いです。気の利いたことの一つも言えず、自分でもつまらない会話をしていることに気付いて悲しくなることもありました。2次元に浸っていた時にはイケメンなセリフもどんどん使えていましたが、リアルだと全然違ってどうしようと困ってしまいます。
お陰で恋愛活動もあまり上手くいっていません。もっとやれると思っていたものの、現実的はそうではなかったです。会話もままならない状況ですので、これからの恋愛活動が上手くいくのかとても心配です。
少しでも不安を解消しようと2次元の世界に旅立ったこともありますが、やっぱりセリフの選択肢があると簡単で助かります。でもリアルはそうではありませんから自分で考えるしかないです。いっそのこと2次元にいる自分が本当であったらと思ったこともありますが、そんなことを考えても仕方ないです。リアルで頑張るしかないですから、これから少しずつリハビリのように会話に慣れるようにしていきたいです。

迷ったら漫画を辞書にする!?意外と正解な女心

今まで女性とあまり付き合ってこなかったのが原因で、僕はあまり女心が理解できません。どうして喜んでくれないんだろう?とか何でここで機嫌が悪くなってしまうんだろう?といつも不思議に思ってしまうことが多々あります。だからといって相手に「今、何を考えているの?」と聞いたら怒られてしまうでしょうし、理解できなければずっと進展しません。そこでどうすれば女性の気持ちを理解できるようになるのだろう?と自分なりに考えてみることにしました。
僕が知っている女性と言えば、漫画で登場する女の子たちです。彼女たちの気持ちや心の変化は僕はすぐに見抜くことができます。時には主人公の男性に「何でそんな簡単のこともわかってあげないんだろう?」と疑問に思うことさえあります。どうして理解できるのかというと、登場人物の行動や気持ちの変化を丁寧に表現してくれるからです。時には読み手に理解しやすいようにこれでもかというくらい、細かく描写してくれます。だから僕みたいな人間でも相手の気持ちを理解することができるのだと思います。そこで僕は恋の辞書として漫画を使うことにしてみたのです。
まずは女心を理解するためには、相手のことをしっかり観察することが大事であると判断しました。些細な行動や言動から相手の気持ちや考えていることを察知することに集中するのです。すると意外にヒントがあらゆるところに落ちていて、まるで推理ゲームのように相手の考えていることがわかるようになってきたのです。相手の考えていることがわかるようになってきたら、次は先読みした行動が重要になってきます。先読みして行動することで、相手が喜んでくれることがわかったのです。相手は「どうして私のしてほしいことがわかるの?」といったことがあると、途端に気持ちを解放してくれるようになります。
特に女性を理解するうえで役に立ったのが、少女漫画です。女性の目線で様々な感情を描いてくれるので、一番わかりやすかったです。そしてここで出てくるようなテクニックは多くの女性が実際にされてうれしいことでもあると知ったからです。自分にはできないような極上のテクニックもありましたが、登場人物の男性はみんなこれでもかというくらい乙女の感情を理解した行動をしてくれるので。真似するだけでだいぶ効果があったようにも思います。これから僕の恋の辞書は色々なところで役立ちそうなので、今後は充実した内容を保てるよう読書に取り組んでいきます。

声優見習いから自分の名前を呼ばれることの幸せ

この前めっちゃ嬉しいことがありました、何と声優見習いから自分の事を名前で呼ばれたんです。
心がぴょんぴょんするんじゃあ~って心の中で叫びましたよ、こんな幸せ今までの人生で一度もなかった、めちゃくちゃしょうもないことかもしれないけど自分の生きてきた中でベスト3に入るくらいの出来事だったんです。
自分の生きて来た道は決して幸せとは言えないものだったんです、昔ある女性から裏切られたことがきっかけで二次元にはまってリアルな女性とは全く関わってきませんでした。
友達に合コンに誘われた時も断ったし、親から見合いの話を持ち込まれた時も興味ないと言いました。同じ会社に女性はいた事はいたけれどもどうせ自分なんか気持ち悪いと思われているに違いないと思って特にプライベートでは会話さえもしなかったのです。
リアルな女は裏切るけれども二次元の女は絶対に裏切らない、年齢も増さないしいつまでも可愛い姿でいてくれる。自分のことをオタクで気持ち悪いなんて絶対に言わない、本当に二次元の女は自分の理想を現実にしたような存在でした。
そんな自分が久しぶりに結婚適齢期を前にリアルな女を好きになりました。
それは声優見習いの女の子です。
たまたまイベントの時に知ったのですがまだ見習いなので声優としての本格的な仕事はしていなくて勉強している段階なんですけど将来は誰もが知るような声優になりたいという夢を持っています。
元々自分は二次元オタクなので声優については結構詳しいほうですがアイドル声優に興味を持った事はありませんでした、声優は二次元と三次元の懸け橋とも言える存在ですが声優とはいえどリアルな女ですので実は結構スキャンダルなんかもあります。
声優ファンになった友達もスキャンダルで苦しんでいる姿を見てきているのであまりのめりこめませんでした。
でも声優見習いのあの子は違います、すごくかわいいですし自分のような一般人の名前も覚えてくれる素敵な子です。
毎回イベントに行ったことで顔を知ってもらえたんだと思います。
勿論最初は声優を目指している女なんてという気持ちがあったんですけどそのひたむきな姿に一瞬で惚れてしまいました。
プロのアイドル声優と付き合うことは難しいかもしれませんが見習いの彼女とならもしかすると付き合えるかもしれません。そしてうまくいけば結婚できるかも。
今は動画サイトで彼女の動画を見て楽しんでいます。リアルな女もなかなかいいものです、

自分を隠すな!2次元に近い女も意外とオタが多い

最近になって気づいたことなのですが、女性でもオタクが多いということです。
むしろ、男性よりもひとつのものにハマりやすいだけに男性よりも多いような印象すらあります。
男性と違う点としては、男性のオタクというのは気持ち悪がられてしまう傾向にあるということに対して、女性の場合そういう趣味もあると許される傾向があるというところです。
これは男女の考え方の違いなのかもしれませんが、男というのは基本的に女の趣味というのを理解することができない部分がありますから、相手が何を好きであっても気にしないという部分が大きいのではと考えています。
それに対して女というのは男に対して自分の理想の存在であって欲しいという願望が強いので、自分の好みに合わないと拒絶をする傾向が強いような気がします。

そのため、一般的にはマイナスの印象があるオタクというのはモテないということになるのですが、最近は女性でもオタクが多いため趣味があえば今の時代はオタクでもモテるようになってきていると感じます。
彼がオタクだと自分の趣味に没頭ができるということで、彼氏がオタクでも全然かまわないという人もいますからオタクで彼女ができないと悩んでいる人はそれを隠そうとはせずに、むしろ積極的にアピールをしていっても良いのではないかと思います。

自分を隠して彼女ができたとしてもいつかはバレてしまって、それがきっかけで別れてしまうということは珍しくありません。
最初からオタクだということをはっきりさせておけば、オタクでも全然かまわない、それどころかオタクの方が話があって楽しそうと考えてくれる人だけがついてきてくれるわけですから、入り口の段階で相性があっていると言えます。
確かにオタクであることを隠しておいたほうが彼女を作るには有利かもしれませんが、彼女ができてもその後別れてしまうのでは意味が無いので、彼女ができたあとのことを考えて最初からオタクであるということを公にしておくのは悪い選択肢ではないと考えます。

なかなか、異性に対して自分はオタクだということを宣言するのは勇気がいることではありますが、意外に認めてくれる人は多いのであえて自分を隠すようなことをすることはありません。
自分を偽って交際をするようなことになっても結局苦しくなって別れてしまうのが関の山ですから、それだったら最初からありのままの自分の姿を晒して、相性のいい相手を見つけたほうが良いですよね。
今の時代は、オタクでもモテるということを頭に入れておけば勇気も出るものです。

見つかりまする!2次元女子に近い女子との出会い方

男性が持っている女性の好みには多様性があります。分かりやすいところで言えば、「かわいい」「キレイ」「身長が高い」「身長が低い」「巨乳」「貧乳」「細い」「太い」などの特徴がありますが、他にもたくさんの特徴で女性への興味関心を持ちます。また、特に最近多いニーズとして、「2次元女子」があります。

2次元の女性に対してのみ興味を持つような男性が増えている要因として、現実世界で直接的なコンタクトを介したコミュニケーションをとる機会が少なくなっていることが挙げられます。SNSやメールを介して行うコミュニケーションばかりが主流になっていることが原因で人間関係が希薄になっていき、逆にゲームなどに触れる機会が増えたことよって絵や映像の女性に対して強い興味を惹かれるようになることも多くなります。

2次元の女性キャラクターの多くは、いわゆる「萌え絵」と呼ばれるようなビジュアルで描かれていて、多くの男性が「かわいい」と感じるものになっています。ただ、それはあくまでも「絵」だから存在することができるのであって、現実的に3次元の女性がそのような容姿である可能性はほとんどありません。もちろん、可能性はゼロでは無いものの、「3次元の女性にはまったく興味を感じない男性」がいる以上、これは客観的に証明できます。

姿かたちが2次元のキャラクターに近い女性というのはまずいないものの、「2次元女性をリスペクトしている3次元の女性」は居ます。見た目こそ違っていたとしても、話し方や対応の仕方などをリスペクトすることによって、まるで3次元に存在するかのように思えることもあります。

しかし、日常的に生活していく中でそういった女性と出会える可能性は高くありません。基本的に、そういった女性は自分にそういった趣味があることを隠したがる傾向があります。もし、自分がそういった趣味を持っていることが周囲に知られると白い目で見られてしまうなどの不安を感じるため、表面上は普通の女性を装いながら生活をしています。

そういった女性との効率的な出会い方としては、いわゆる「コミケ」などに参加する方法があります。この環境は明らかに趣味が共通している人たちが集まっている環境なので本性を隠す必要がなく、まるで本物かのような女性と出会える可能性もあります。接点を持つためにはナンパに近いアクションが必要になってしまいますが、場合によっては「婚活パーティー」なども活用すると効果的です。